検索
  • Tetsuya Ushu

台風19号

最終更新: 2019年10月22日

この度、台風19号で被害に合われた皆様にお見舞い申し上げます。

母校の福島県郡山にある日大工学部が阿武隈川の氾濫の影響を受け、休校中である事を知り、胸が詰まる想いです。また、お世話になっている川崎の建設機械レンタル会社も河川の氾濫で膝上まで浸水してしまい、一時休業されていました。

何か手伝う事が出来ないかと想いを馳せているところです。

今回、私たちの住む地球が今までと違った気候に少しずつ変化していると実感せざるを得ない災害になりました。

台風が10月の日本に訪れること自体があまり記憶にありませんでしたが、天気図に描かれたかつて見たことの無いサイズの台風の様子に、ただただ圧倒されていました。

人は、自然にはかなわないという先人のアドバイスをいろんなところで聞いてきました。自分は自然に寄り添った生き方を出来ているのか、自問自答の日々です。

台風が強い勢力を保ったまま上陸するための条件として、海水温の上昇が挙げられるそうです。海水温の上昇を引き起こしているのは、地球温暖化と云われています。

一説には、逆に地球は氷河期に入っているという説を唱える方もいます。

どちらの説が正しいのか判断をすることは難しいのですが、私たち一人一人が一挙一動する中で、地球を想い行動することで少しずつ変化すると思います。


単純に、一本の材料を選定するときに、国産材の木材を使用するか、輸入材を使用するのかによって、運搬に係るエネルギーが変わります。一本でも一枚でも多くの国産材を使用する事によって、船で運搬する重油の使用量を明らかに減らすことができます。



そんなことを想いながら、一軒一軒、一現場一現場の材料を選定しています。

いつか海水温の上昇が止まり、かつての海水温に戻ることをイメージして。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

ホームページの更新

初夏の候、皆様いかがお過ごしでしょうか? いつも当ホームページへご来訪頂きありがとうございます。 早速ですが、久方ぶりにホームページを更新させて頂きました。 Covid19の影響から、状況が大きく変化していますね。 設備機器等の建材については、納期などの遅れは無くなったかと思います。 今後も同様の状況が発生する可能性がある事が想定されます。 従いまして、これまで以上に国内生産のメーカーや地産地消、

新型コロナウィルスの影響について

はじめに、この度の新型コロナウィルスによって、健康的もしくは何かしらの影響を受けられた方々にお見舞いを申し上げます。 現在、コロナウィルスによる建築業界への影響が明確に出始めております。 住宅設備機器をはじめ、換気扇やエアコン、建材などが、メーカーによる受注停止や在庫不足、納期の著しい遅延などが主な影響です。 これは、中国に工場拠点を持つメーカーなどが、新型コロナウィルスによって、工場の生産停止や

 

045-534-6069

©2019 by アースコンシャスデザイン。Wix.com で作成されました。