045-534-6069

©2019 by アースコンシャスデザイン。Wix.com で作成されました。

EARTH
CONSCIOUS
DESIGN

人と地球を想った空間づくりのご提案

photo:Tetsuharu Kinoshiro

 
IMG_2722.jpg

アースコンシャスデザインの空間づくり

地球を大切に想う意識や行動を「アースコンシャス」といいます。
私たちがこの地球に住み続けるために、一人ひとりが自分を想い、地球を想って、生活の中の一つひとつを選択していく事が大切なのだと思います。
地球と人はつながっています。地球に優しい家は、住む人や動物にとっても心地良いものになります。
アースコンシャスデザインでは、サスティナブル(持続可能)な社会の実現に向けて、「住まう人の健康」と「地球環境保護」をテーマに、人と地球の調和を目指したナチュラルな空間づくりをご提案させて頂きます。

 

アースコンシャスデザインのコンセプト

使用する材料・素材について

住まう人の健康を重要視し、室内の空気環境を汚染するような素材は使用せず、無垢の木材、しっくいなどのナチュラルな内装の素材選びを大切にしています。
ライフサイクルアセスメントを考慮して、地球環境負荷が少ない地球に優しい素材選びを行っています。
また、床下の防蟻剤には、ヒノキやヒバなどから作られた自然由来の防蟻剤を使用しています。

※ライフサイクルアセスメント(LCA):材料を作る時から廃棄する時までにかかる製造エネルギーなどが地球環境に与える影響を考慮することをライフサイクルアセスメントといいます。

工事方法と接着剤について

室内の空気環境を考える上で、工事の際に使用される接着剤は無視することが出来ません。
木工用、タイル用、クロス用、クッションフロア用など、多種多様な石油由来の接着剤が開発されて以降、用途に応じた様々な接着剤が、床鳴りや後々のメンテナンスの解消、施工時間短縮などを目的に、建築工事の際、大量に使用されるようになりました。しかし、昔使用されていた接着剤といえば、米のりやでんぷんのりです。
私たちは、和紙クロスなどを貼る場合はでんぷんのりを、建具を製作する際には米のりを使用し、大工工事には接着剤を使用せず、できる限り釘やネジなどを用いて工事を行っています。
健康な住まいを作るため、有害なVOC(揮発性有機化合物)の発生を可能な限り発生させないよう工事の仕方について、考慮、検討、模索し、実践しています。

オールアース住宅について

オールアース住宅とは、建物から発生する電磁波(電場)を導電性シートを使ってカットした住宅です。電磁波の性質を理解し、きちんと処理する事で、電気のある便利な生活と健康な住まいの共存を図っていきます。
近年の2階建て木造住宅の場合、1階天井裏に電気の配線が行われます。その電線から電磁波が発生し、周囲に帯電するため、2階にいるだけで、否応なく電磁波を帯びる事になります。
電磁波が人体に与える影響については、諸説ありますが、静電気のような性質を持つ電磁波を常に帯び、室内空気中の埃や塵などのハウスダストが吸い寄せられ、目や鼻、のどなどの粘膜に付着する事、また、皮膚に付着することで、アレルギーなどを引き起こすと考えられます。
電気が無い生活は今や考えられないほど私たちは電気に依存しており、私たちに豊かな生活を与えてくれています。アレルギーの要因になるかもしれないから電気を避けるという考え方ではなく、電気と電磁波の性質をしっかり把握し、きちんとアースをとる事で、電気と調和した豊かで健康的な生活の実現をご提案しています。

建物の耐震性について

「建築基準法は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。」
これは、建築基準法の第一条の条文ですが、建築基準法は、最低限度の基準であり、守らなければならない基準です。
熊本地震で、この基準を守った住宅が、連続した2度の大きな地震により倒壊するという現実が起こりました。
このことを真摯に受け止め、耐震性について、常にいま考えられる最大限の対策を考慮し、実施する必要性があると考えています。
具体的な計画としては、頑丈さを示す耐震等級3を基準とし、地震のエネルギーを減衰させる制震も考慮することで、地震で倒れないだけではなく、被災後も生活出来るよう考慮した粘り強い耐震設計を心掛けています。

建物の省エネルギー性について

京都議定書で定められたように地球規模で二酸化炭素の排出量削減の必要性がうたわれています。
省エネルギーな住宅を設計するに辺り、建築時、運用時、解体時の住宅のライフサイクルまで考慮する事ができ、木構造であることが他の鉄骨造・鉄筋コンクリート造などの工法に比べて、省エネルギーであるということが言えます。
建築時には発生残材を少なくしたり、可能な限り製造時のエネルギーが少なくて済む製品を選定するよう心掛けています。
運用時は、省エネルギーであることは、直接的に家計に影響します。
簡単に表現すると、熱しやすく冷めにくく、冷ましやすく温まりにくい保温性能とも言える断熱性を高める事が重要です。それと共に、気密性を上げる事で、室内の温度コントロールした空気の漏れを出来る限り防ぎます。
断熱等級4は必須とし、気密性を持たせて、冷暖房の損失エネルギーを削減し、日々の生活で使用される電気代や燃料費などのランニングコストを出来るだけ少なくする省エネルギーな空間づくりを目指しています。

パッシブデザインについて

省エネルギーを実現する方法の一つに、省エネルギーな給湯設備、太陽光発電、換気設備などの機械設備がたくさん開発されています。
それら省エネルギーな機械の力は素晴らしい物もありますので、性能や特徴、廃棄時の処分方法、製造エネルギーなど、トータルに考慮して、ご提案させて頂くことがあります。
ですが、その省エネルギーな機械に頼る前に出来る事があります。
冬場、南面からの太陽光は非常に重要な暖房エネルギーになります。反面、夏場は室内には出来る限り直射光の進入を避ける事が重要になります。
東西・南北に通り抜ける涼しい風。照明器具の力を借りるのは夜間のみ。そんな日本にもともと与えられている自然のエネルギーとの付き合い方を、現代でも活かせるように考えられたら、地球からの恩恵に改めて感謝する事も増えるのではないかと思います。
地球からの恩恵である太陽や風のエネルギーを可能な限り有効活用し、「明るさ」「温かさ」「涼しさ」「新鮮な空気」を獲得する設計手法であるパッシブデザインに力を入れています。

建物の耐久性・維持管理について

高度経済成長期に生まれたスクラップ&ビルドの時代は終わりました。
その対として生まれたスケルトン・インフィルという概念は、丈夫な構造体である骨組みだけ残し、内装や電気・水道・空調などの設備であるインフィルを取り換え、リフォームまたはリノベーションをして建物を大切に使っていく考え方です。
法隆寺は1000年以上の年月、メンテナンスされながらその形を保っています。古民家も同様、100年以上の建物が数多く残っています。これらに共通していることは、メンテナンスをきちんと行い、大切に使われていることです。
敷地に適した建物形状をきちんと計画出来ていれば、外部のメンテナンスをしっかり行う事で、内装のみリフォームするだけで済むなど、長持ちさせる事ができます。
メンテナンスしやすい構造にしたり、基礎や柱・梁などの構造部分を長持ちさせ、リフォームをしやすい間取りに計画する事で、次世代、その先の世代を考えた家づくりを意識しています。

木について

木は、もっとも優れたエコロジカルな建材の一つです。
生育時には、大気中の二酸化炭素を固定化してくれます。さらに、私たちが生きていくために必要な酸素を光合成によって供給してくれます。それだけでも素晴らしく、有り難い存在です。
木は、昔から私たちの生活に寄り添ってくれていました。建物から食器、家具、さまざまな道具まで幅広く私たちは木の恩恵を授かってきました。
今、建材として使用されている物の中には、丸太を桂剥きにし、接着剤で張り合わせた合板や、細切れになった材木をくっつけ合わせてた集成材があります。どちらも接着剤の力で強度がでたり、反りが少なかったりとメリットもあります。ですが、木本来の、湿気を吸放出するような性質は失われたり低減します。また、接着剤の揮発性有機化合物の発散も人体に影響が無いとは言い切れないと思います。ただ金額だけのために、違法に伐採された材木を海外から輸入し使用しているという話しも耳にします。輸入する際には、防虫可能のため農薬を噴霧したりするとも聞きます。
したがって、合板や集成材は使用せず、切ったり削ったりしただけの出来る限り自然に近い状態の木を使います。
国産の無垢材を使用し、さらに出来る限り近隣の材木を使用するよう地産地消を意識して、運搬に係るエネルギーの減少に心掛けています。

職人さんについて

「木を組むには人の心を組め」というのは、昭和の名工、宮大工棟梁の故・西岡常一さんの言葉です。
職人さんも人ですから性格は十人十色です。建物を作り上げるには、数多くの人が関わります。
どんな気持ちで、どんな想いで家づくりや作業に携わっていたかは、建った家や出来上がった物に、なんとなく雰囲気として出てくるものだと思います。
どんな職人さんにどの仕事を依頼するかは、大切な作業です。現場が始まると現場にさまざまな雰囲気が生まれますが、職人さん同士の心を組む事で、現場の雰囲気が和んできます。
「住まわれるお客さんのため」と、想うところが一つの時、話し合いも現場の納まりも、細かなところが自然と良い形でまとまっていきます。
私たちは、仕事に誇りを持ち、お客さんを想って仕事をしてくれる仲間、そんな職人さんとの出逢いとつながりを大切にしています。

 

サービス一覧

金杉様邸パース R1.6.7 No.1.jpg
IMG_2341_edited.jpg
Business Meeting

コンサルティング

 

業務実績

​高性能な長屋の設計

2019年8月

オーナー様とアパート2部屋の長屋の設計業務をさせて頂きました。

当初目指した耐震等級は3でしたが、ご要望を満たすため建物形状的に困難になり、それでも耐震等級2、耐風等級2を確保しました。

また、断熱性能等級は最高の4等級、パッシブデザインを考慮し、窓の複層ガラスの種類にもこだわりを持って選定しました。

外皮平均熱貫流率(UA値)は、0.49【W/㎡・K】(自社設計値)を達成。

冷房時の平均日射熱取得率(ηAC)は、1.4(自社設計値)を達成。

高気密高断熱にすることで、より内装素材の重要性が高まります。

密閉された室内の空気は、内装素材の材質に大きく影響を受けます。

そのため内装には、無垢の床板やしっくい、和紙のクロスなどを選定しました。


もともと、自然素材の家をご希望されていたお客様ではありませんでしたが、室内空気の重要性をご説明させて頂き、ご理解頂いた上でご提案させて頂きました。

美容室 日々香様
シャンプーキャビネット造作設置工事

2019年5月

自然素材を用いたシャンプーキャビネットの造作とシャンプー台の設置をご依頼頂きました。
以前の会社で、ご自宅の新築工事の現場管理を担当させて頂いていた際に、父が美容室のデザインを行っている事をお話しさせて頂いたことからご相談を頂きました。
ヘナ等100%天然の植物を使ったハーブカラー、ヘッドスパなど、リラックスできる空間をご提供されている美容室です。
人と環境に優しい美容をご提供されるコンセプトをお持ちでしたので、そのコンセプトに併せてシャンプーキャビネットを造作・設置させて頂きました。

高性能な長屋の新築工事

2019年9月

父が美容室のデザイン・施工で30年お付き合いのあるお客様からご依頼頂き、ご自宅の新築設計施工という形で工事させて頂いております。
30年という長い月日をお付き合い頂いている大切なお客様のお宅、一工程一工程、大事に進めさせて頂きます。

 
開催予定のイベント
自然栽培フェアIN中野
Sat, Oct 26
中野セントラルパーク
Oct 26, 2019, 10:00 AM GMT+9 – Oct 27, 2019, 4:00 PM GMT+9
中野セントラルパーク, 日本、〒164-0001 東京都中野区中野4丁目10−2
本イベントは「奇跡のリンゴ」の木村秋則氏の活動に共鳴する若手生産者と山地酪農を長年にわたって実践している中洞牧場を軸に開催して いる年1回限りの交流.直売イベントです。
シェア
 
 

アースコンシャスデザインについて

宇秋 哲也

​管理建築士

工学修士(​日本大学工学研究科建築学専攻)

一級建築士 第341467号

2004年 人と環境に優しい家づくりをしたいと思い、新卒で株式会社磯﨑工務店入社。合板と接着剤を使用しない新築工事やリフォーム工事に係る業務について幅広く経験を積ませてもらう。

2018年末 株式会社磯﨑工務店 退社

2019年1月 父親が経営する有限会社アークの専務取締役に就任

2019年 アースコンシャスデザインを開設

 

お問い合わせ

横浜市都筑区南山田2-23-27

045-534-6069