検索
  • Tetsuya Ushu

高性能な長屋 上棟

最終更新: 2019年10月22日

台風19号の影響が残る中、無事、上棟を迎える事が出来ました。


柱にはすべて国産無垢のスギ、土台にもすべて国産無垢のヒノキを使用しています。

建物の条件の関係で、すべての材料を国産材の無垢材にする事は叶いませんでしたが、可能な範囲で選定しています。

例えば、床下地材ですが、剛床構造となると構造用合板24mmを使用する事が一般的にです。この部分について、国産無垢のスギ材を剥ぎ合わせたムクボード(中国木材株式会社)という板があり、こちらを使用しています。

もちろん構造的に正式な認定を得ている製品で、構造計算に組み入れてもらいました。

無垢材の利点について、合板との大きな違いは、雨や湿気に触れた後の反応です。合板は、木材を桂剥きのように薄くスライスし、繊維方向を互い違いに何層にも接着剤で張り合わせて製造されます。そのため、多量の湿気や水に触れる事で、表面の木材が膨れて接着面がはがれてしまいます。その後は、元に戻ることが出来ません。

その点、無垢材は湿気や水分を含むことで膨張したり乾燥することで収縮しますが、接着していないのではがれるということがありません。

屋根の張替えや、1階の床を張替えをさせて頂いたときに経験した事ですが、合板はふけてしまって足をのせると踏み抜いてしまうような事がありますが、無垢の板はとても古い建物でも、薄いの厚みでも割り合いしっかりとしていて踏み抜く心配はなかったりします。そんな経験からも、出来る限り無垢材を使用させて頂きたいと思っています。


これから一工程一工程を大切に進めさせて頂きたいと思います。





15回の閲覧

最新記事

すべて表示

ホームページの更新

初夏の候、皆様いかがお過ごしでしょうか? いつも当ホームページへご来訪頂きありがとうございます。 早速ですが、久方ぶりにホームページを更新させて頂きました。 Covid19の影響から、状況が大きく変化していますね。 設備機器等の建材については、納期などの遅れは無くなったかと思います。 今後も同様の状況が発生する可能性がある事が想定されます。 従いまして、これまで以上に国内生産のメーカーや地産地消、

新型コロナウィルスの影響について

はじめに、この度の新型コロナウィルスによって、健康的もしくは何かしらの影響を受けられた方々にお見舞いを申し上げます。 現在、コロナウィルスによる建築業界への影響が明確に出始めております。 住宅設備機器をはじめ、換気扇やエアコン、建材などが、メーカーによる受注停止や在庫不足、納期の著しい遅延などが主な影響です。 これは、中国に工場拠点を持つメーカーなどが、新型コロナウィルスによって、工場の生産停止や

 

045-534-6069

©2019 by アースコンシャスデザイン。Wix.com で作成されました。